2011年03月23日

大倉マヤさんを紹介します

ismfileget.jpg萬洲くんから、ご紹介預かりました、大重です…。

文章がとにかく苦手で、どうか苦しいとは思いますがお付き合いください。よろしくお願いいたします。


萬洲くん、あなたいい風に書きすぎ!!僕はそんなにすごくない!!やめてっ!よしてっ!さわらないで……といいつつも、愛らしい雰囲気と芝居に対する情熱をもつ萬洲くんが僕は最近、とっても好きなんです☆
大好きだよ〜!
萬洲く〜ん!!
今度二人でお食事しようね!



ジエン社は今や大詰め、佳境にさしかかっています。緊張の稽古場です。役者が役を煮詰めていく姿は、本気の姿というか、何だかとってもいいんです。美しいんです。わおっ〜!って感じです。


今回で僕は三回目の出演なんです。ホンスケ先生本当にありがとう…。

出させていただく度に、とにかくフレッシュで、舞台が日に日に作り上げられる事がとにかく新鮮で……
何よりも役者の人と一緒に物をつくる事がこんなにも幸せな事なのかと、改めて感じます。


そんな中、今回ご紹介しようと思う役者さんは、大倉マヤさんです。

いや…「大倉先輩マヤ先輩」…と
もう気づいたら先輩を2つつけたくなる位、先輩です。マヤ先輩。
以前にお客様で、
「大倉さんと一緒に出演されるんですね、大倉さんジエン社に出られるんですね。こりゃ〜楽しみだ」と言われた事があります。わかりますね?それだけファンの方がいるっていう事なんですよきっと…。

大倉さんは、正直全然いばりません。
先輩だったらいばっちゃうな〜と思ったのに、全くいばりません!笑
いつもニコニコして、ホンワカしていて、そんでもって柔らかくて、実際着てる服も柔らかそうで、あとすごく前向き。これぞ役者の鏡と呼べる方なんですよ。
自然な立ち方ってすごく難しい…けどマヤ先輩はどっからどうみても自然なんです。
そしてすごくかわいらしい雰囲気があるのに、どっからともなく漂う哀愁、そして引き出しの多さには、もうすごいの一言。
演出家っぽくいうとシーンがピシッとしまるんです!
すばらしい!
「よっ!!大倉先輩、マヤ先輩!」って言いたくなります。すごく頼れて、安心できる役者さんなんです。本当はもっと沢山書きたい事があるんですが、あとは劇場にきてみなさんの目で大倉マヤさんをじっくりじっくり堪能してください!

いや〜こりゃ熱い芝居になりますよ☆
posted by ジエン社ブログ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ジエン社社員日常報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192071152

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。