2011年03月18日

紹介萬洲通擴/横山



先日、西尾さんに紹介していただきました、横山です。



被災後、初の更新なのですが、



順番がまわってきたので、



今回は萬洲通擴(ばんしゅうみちひろ)さんを紹介します。



すごい圧力の名前ですね。本名だと本人は言いますが、どうだか。




名前なんですかね。




株式会社萬洲通擴
無敵艦隊萬洲通擴
壱岐対馬萬洲通擴
一級河川萬洲通擴
滋養強壮萬洲通擴
資治通鑑萬洲通擴
群雄割拠萬洲通擴
国士無双萬洲通擴
九蓮宝燈萬洲通擴
立直一発萬洲通擴ドラニ丁乗って跳満親6000オール



などなど



「かっこいい 四字熟語」
で検索した四字熟語たちがちんけに見えますな。



さらに


「加藤清正」より「萬洲通擴」





images.jpg












DSC00510.JPG









むむ、「諸葛孔明」とはいい勝負だぞ「萬洲通擴」




DSC_0011-10.jpg








DSC00485.JPG









「菊池雄星」より断然「萬洲通擴」



ほらね。




DSC00486.JPG









名前の圧力とは対象的に、軽やかな御仁です。いい意味で。



お芝居も、春の風が吹き込むような軽やかな芝居を披露してくれること請け合いです。




DSC00496.JPG








彼の今回の役はハラという男。


この男、わけあって芝居中ずっと同じ場所に居ます。


その居方といったらもう。ああ。


乞うご期待。



と。


続けて、少し、


大変な時期ではありますが、

たまたま2011年の東京に居合わせ、

たまたま芝居をやることになった私たち、

たまたま地震に遭った私たち、

はじめからひとつになることのなかった私たち、

そしてこれからもひとつになることのない私たち、

しかし、いまここに、

ひとつの舞台が出来上がりつつあることは事実です。

あなたとひとつになるつもりは毛頭ない、

だけどあなたから離れるつもりも、やはりない。

ジエン社は私たちのものではないし、

私たちはたまたま関わっているに過ぎない。

いつかはバラバラ、あるいは最初からバラバラ

しかし、ジエン社の目指す場所は、

関わっている人間全員が見てみたい場所です。多分。きっと。

公演の日、日本がどのような状況になっているか、

分かりませんが、私たちは二ヶ月間、あるいはもっと長い時をかけて、

築いてきた場所を披露します。

どうか、何卒、よろしくお願い致します。

もちろん、関わっている人全員それぞれ言いたいことや心情、状況は違うと思いますが、

横山が一客演として今言いたいことは、とりあえずこんなありきたりのものです。

次、お願いしまーす。
posted by ジエン社ブログ at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジエン社社員日常報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191188804

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。