2011年04月28日

『スーサイドエルフ/インフレ世界』は一ヶ月ほど前に終了していました。/社長

DSCN2738.JPG

 ここでのご挨拶が遅れましたが、ジエン社第六回公演『スーサイドエルフ/インフレ世界』は終了いたしました。
 一緒に戦っていただいたスタッフ、俳優、そして観客の皆さんに改めてありがとうございました。
 ツイッター割引のせいもあってか、たくさんのご意見ご感想をいただいております。また、小劇場レビューサイト『ワンダーランド』のクロスレビューにも取り上げていただき、これまたすごい意見をいただいております。ありがたいことです。感謝感謝です。

 主宰として、なかなか振り返るのに時間がかかりました。この公演。ようやく、いろんなことを忘れてきたので、思い出すにはちょうどよいと思っていままとめをしてみようと思っている次第です。とはいえ、脳はすっかり次回の公演――芸劇eyes番外編参加公演の『私たちの考えた移動の出来なさ』にむけてシフトしております。今回は、そのための思考もかねて、ぼんやりと振り返っていこうと思っています。

 この公演のテーマなんちゃららは、多岐に渡っています。ざっとした柱だけでも「アートと経済」「優しいとは何か」「からだを使ってお金を交換するという事」「交換そのもの」「交換可能なわたしと”作品”」「権力にどうはむかうか/歯向かわないか/無いことにするか/感じているのに」「”しにたい”とは何か」「あふれすぎて価値を失う事(インフレーション)」とか、切り取ろうと思えばどんな風にも切り取れる。これはどういう作戦かというと、「テーマを沢山設ければ、一つ一つがインフレしてテーマなんてどうでもよくなるんじゃないか?」という作戦です。的を、絞らせない。

 もともとは、「円高やばいなあ」という話を書こうと思っていたのでした。地味に円が、今80円台になっている。これが、僕にはよく分からなかった。というのも、昔財務省のトップだった塩ジイこと塩川元財務大臣という人が、記者から「円高がこれ以上すすむとどうなりますか?」という質問に「神サンにでも聞いてください」とスッとぼけた答弁をぼんやり覚えていて、マスコミの論調も「これ以上この政府に任せてたら日本は円高でおしまいだ」という感じになっていた。
 でも、おしまいではなかった。だらだらと、円高は続くし、人生も続く。
 公演後に、「円高になるという事はデフレになるのであって、インフレではないのではないか?」という質問があったが、僕がなんとなく思ったのは、その後に来る「デフレ対策」――たとえば、紙幣の大量印刷や、高額紙幣の発行である。このあと訪れる「インフレ世界」の入り口――や、もう入っているのかもしれないけど、それをイメージしたのです。
 今、ここに持っている「いちまんえん札」が、一万円の価値を、失う世界。
 今、ここにあるとされる、確からしい若い体が、一秒ごとに価値を失う世界。
 27歳の私は今のところ「若手脚本家」という称号を、ギリギリでまだ呼ばれてたりするんだけれど、この若いからだの価値が、ともすると、一秒ごとに価値を失っているんじゃないか、そんな発想をしていくと、『援助交際』の話……最近では『雇い/雇われ』という言葉になっていますが、そこに行きつきました。
「お金以外の交換で、若い女の体を抱けるとしたら、それは何か?」

 そう考えていくと、今度は「付き合うなら優しい人」という常套句に行き着く。
「やさしくする/やさしくされたい」は、交換可能か?

 アメリカのとある州に流通している地域通貨がある。それは『イサカアワー』と呼ばれる不思議な通貨だ(主人公のイサカ君の名前はここからとった)。『イサカアワー』は、『アワー』というとおり、一時間をあらわす。人に一時間、『親切』にする(主に老人の話し相手、買い物代行、芝刈り、パソコンの使い方指導など)と、イサカアワーを発行している事務所から「1イサカアワー」を貰うことができる。この「1イサカアワー」を使う事によって、誰かから一時間「親切にされる」という事らしい。
これが、どうもうまく行っているようだと、私が読んだ資料にはそう書いてあった。今はどうなっているのか分からないが、社会で『親切』を交換し合う試みが既になされていた。
 これは、可能なのかどうか。
 その資料には、既存の通貨制度や貧困、財産の不公平な配分に対抗するために「地域通貨」の時代が来るのではないか、という希望が書いてあった。

 登場人物に、「ユウコ」と「レイジ」という二人が登場するが、これは第三回公演で名前だけ出てきた人物。第三回公演『ゴーストニートペアレント』は、不治の病に冒され、寿命があと数日といわれながら、三年生きてしまった人が、やはり病気なので何もせずベッドに居る、という話。セカチューに対抗して、不治の病だけど、死なない話を書こうとしたのだけれど、そのヒロインの女の子の両親の名前で、ちらっと出てくるのがこの二人だ。
「まひるちゃんの両親って、ユウコとレイジって言うんだって。二人合わせて、ユウレイっていう」
 ただそれだけの人物設定なのだけど、どうも雑だなあと思って、今回人物を描いてみた。第三回公演時、この二人は育児や看病をあきらめて、どこにもいない事になっている。あのシーンのラスト、二人はどこかへいってしまうのだけれども、どう演出つけたのか忘れてしまった。相変わらず雑な感じだ。
 ただ、あの場から離れて、あの二人は、何も出来ないのではないだろうか、とは思う。それでも、生々しい生活は、あるのだろうなあ。どんなにゆうれいに見えても、そこに、体があった以上。ソレ以上書いたり、踏み込んだりするのには、まだ僕の技量が足りない。

 演技と演出面について。
 今回は、リアルっぽいもの追おうとするのは、もうやめようかなあと思って、今回行き着いたのが、こんな感じでした。演劇は、いろんなことがやれる。当たり前の事に気づかされたという感じです。照明や、音響だって、もっと使えるのではないか。俳優の体も、もっとおかしなことが出来るのではないか。
この辺りが次への課題になると思います。まだまだ、やれることはある。

 長い割りに、相変わらず何を言っているのかよく分かりませんし、振り返りも浅いものですが、ひとまずココまで。
 次回の本公演は年をまたいでしまうかもしれません。
 どうか、気長にお待ちいただけますよう。
 そして水天宮ピットでの芸劇eyes番外編も、どうぞよろしくお願いします。

 では、また。
posted by ジエン社ブログ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長・本介さんが疲れた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

「助手という仕事」/本介さん

さて、この記事は最終日の朝に書いている。
いよいよ『スーサイドエルフ/インフレ世界』の舞台も本日で終了してしまう。
みなさんのおかげで、ここまできました。本当に感謝しています。

終了の前に、書いておかなければ/紹介しておかなければならないことがある。

役者紹介リレーの最後に、僕から紹介すべき二人を書かねばな。

演出助手の藤村和樹と、吉田麻美のことだ。

今回はこの二人にすさまじく助けられた、というより、今まで演出助手をつかないで公演していたので、大混乱の乱だったのだ。

それが、この二人の活躍により、すべてが進む。すいすい進む。すさまじい勢いだ。
今回の公演の成功は、二人のおかげといっても過言ではない。絶対にそうだ。

ちなみに、お芝居な業界に居ない人のために説明すると、『演出助手』とは、文字通り「演出の補佐」。その仕事の種類は現場によってまちまちではあるけれど、ジエン社の場合、演出の本介さんは、事務的な手続きが壊滅的に出来ない。
 具体的に言うと、日程調整ができないし、今日の稽古に誰が来るのかを把握できない。どのシーンをやれるのかもわからないし、どの小道具が足りててどの小道具が足りてないのか、図面が上がったところで、稽古場でどう本物の舞台の設備があるのかどうかしるしをつける(いわいるバミるという行為である)ことができない、稽古場の手続きが出来ない、そもそも、稽古場がどこにあるのかわからない、稽古場に行く道を迷う、自己の存在に悩む、服が毎回同じ、顔が汚い、靴下が穴あきだ、とか、まあ、そういうていたらくである。

 それを、靴下や顔の悩み以外のすべてをカバーするのが、吉田と藤村だ。

 まずは、藤村だ。
 彼は第四回公演に俳優として出演してもらった。てあとろ50'という、早稲田の若い演劇サークルの新人のときに「なんか知らないが何かが出来そうだ」と思ってキャスティングしたのだが、「不器用すぎる」という欠点を稽古場で発見した俳優だ。仕事も、不器用だ。生きることも、不器用だ。
 だけど今回、企画がスタートする直前に「え、えんしゅつ助手をやらせてくださぃ」という、日本語にならない発話で声をかけてくれたので、よしっと思いカレーをおごった覚えがある。
 「その代わり少し出してください」ともそのあと発話していたらしいのだが、どうもその辺はしたたかよのうと苦笑いをした覚えもある。で、事実彼は少し出る。普段は僕がチョイ役で出る役どころに、彼は出る。

 彼の仕事は、基本的に稽古場内でのこまごまとした雑務担当だ。集合時間より早く来て稽古場の受付をしたり、代役で入ったり、稽古場バミりをしたり、ご飯休憩をとらない僕の代わりにやきそばパンを買ってくれたりする、そういう仕事だ。
 そしてそのすべてを、不器用と、しかし「何かやらねば」という呆然としたオーラで、がりがり、やる。
 しかしあまりに不器用なため、「がりがり」という効果音的オーラを発して、結果的に何もしない、という事も多々あった。しかし、今では稽古場の誰よりもバミりは完璧である。ピンポイントで小道具を持ってきて、ドヤ顔をすることもある。いやあ、あれはすさまじいドヤ顔だった。額に切り取って飾っておきたいほどの「ドヤ」だった。かしわ手を打ったね。

 で、彼は本番中も、舞台監督の桜井君とともに、映像の照射助手や、ラストにちらっと出る役(が、かなり重要な役)をやっている。彼にもかなりの量の演出をつけた。具体的に言えば「2011年の『権力』の現在というものを、その体で表現するのだ、ワタミのバイトみたいに! 東電の社員みたいに!」とかいった覚えがある。
 藤村は、ぽかんとしていた。
 そんなやつです。
 彼は今「フミツケペッタン」なるユニットを作って、今年の秋口に公演をうとうとしている。僕は彼にギャラを払えない代わりに、彼の公演に手伝えることがあったらいろいろ手伝う、という約束をした。とりあえず、彼には僕にしてくれたように、焼きそばパンを買ったり、バミりをしたり、稽古場の予約くらいしてやろうと思う。
 俳優としても、変な体をしているヤツです。若いです。本当にお世話になった。『筆記具を忘れるほうの演出助手』、藤村だ。

 で、もう一人の『優秀なほう』の演出助手、吉田だ。
 吉田には本当に助けられた。僕にはまるで出来ないことのすべてを担当してくれた。藤村が、稽古場の内部の担当なら、吉田は稽古場の周辺を担当したという役割分担だ。
 たとえば、稽古日程を表にする、遅刻連絡者の中継、だれがどのシーンに居るのか、とかのすべてのまとめ。小道具のチェックやリスト化、その他、細かいところのすべてを、すべてを、吉田はやる。
 一番の功績といえば、稽古場の全ユースリーム化を担当してくれたことだろう。これは、我ながらよく分からないがすごいなと思う。稽古場を、全日程、すべて動画として中継し、しかも録画してあるので形に残す。これってかなり重要な仕事だったんじゃないか。

 ちょっと吉田からは脱線するが、この全ユーストリーム動画の録画は、たしかに視聴数も少ないし、画質も決してよかったとはいえない。ただし、「毎日稽古が記録してあって、しかもそれをいつでも閲覧できる状態にした」というのは、小さく革命的ではなかったかと思っている。これは、この公演には直接は役に立たないだろうけれど、いつかこれが重大な資料になる気はするのだ。もちろん、カメラの画格や、その質の問題など、問題にすべきことは多い。ただし、ひとつの集団が作品にするまでの稽古場の全貌を、この規模の劇団が動画記録したというのは、画期的なことではないかと僕は少しおもって居る。
 それを、吉田はやった。

 吉田は、ジエン社の旗揚げから劇を見てくれている。吉田のファイルには過去作品の当日パンフレットや、僕自身ですら紛失している資料なども大切に保管してくれている。
 なんだかもう、あれだな、こういう人に、僕は芝居を見られていたのか、と思うと、芝居をやってよかったなあと思うのだ。同時に、震える。緊張でだ。

 僕が吉田に払える対価は何だろうと考える。吉田は四月一日から、社会人になった。
 今後吉田は、仕事として、演劇や公演の、財政や助成にかかわる仕事をするらしい。昨夜、僕は吉田に、ジエン社でかかる費用のすべてを、事細かに話した。そして
この規模の小劇場というものが、どれだけの財務で運営されているか、あるいは、何を欲しているか。
 そんなくらいしか対価が払えなくて申し訳なく思うが、僕が体で得てきた「表現と金銭の現実」の情報を、本当に時間がわずかであったが、伝えたつもりだ。
 
 それにしても、吉田の情熱は何によるものなのだろう。たしかに僕も表現を、なんでこんな情熱をかけてやるのか、と問われることはある。僕はだいたい「別に情熱ってほどでもなあー」と呆然としたりぼんやりしたりするんだけれども、吉田の仕事のそれは、情熱としか言いようがない。仕事の端々から、それは伝わる。
 助手は、クリエイティブに直接関係がない仕事だといわれるが、とんでもない話だ。
 彼らの仕事は、ダイレクトに創作に反映される。いい仕事には、いい舞台表現には、その裏には、小道具のひとつひとつには、表方に名前の載らない、情熱的な助手やスタッフの情念がある。

 ちなみに僕にも、演出助手経験がある。あの「事務仕事がまるで出来ない」ジエン社社長が、無謀にも大きな劇場でやる公演の演出助手をやったことがあるのだ。
 そこでも、僕は確かに、念みたいなものはこめた。
 小道具の枕を、意味がないかもしれないけど、少しでもふかふかにしようと天日干ししたり、小道具の本のブックカバーを毎日取り替えたり、地味で誰も見ないだろうなという事を、それでも、すこしでも、できることを、と、必死になってやった覚えがある。

 僕は、この二人の仕事を、忘れないだろう。実際、知っている。この公演は、確実に彼らとともにあったのだった。

 さてさて、長い文になり、さらにいろいろ脱線してはいるが、本日は最終日である。
 当日券もあります。あんまり表立っていってないですが、リピーター割引もあります。
 さらに当日は、助手吉田が尽力を尽くした、過去脚本戯曲の販売もあるのです(ここでも吉田はすさまじい仕事ぶりを発揮した!! 本当は戯曲販売に手間がかかることを恐れた主宰は消極的だったのだが、製本の手続きのすべてを担い販売にこぎつけたのだ!!)。
 ぜひともご来場いただき、われわれの戦いに参加してほしく思います。
 よろしくお願いします。

 主宰・作者本介
 

posted by ジエン社ブログ at 08:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 社長・本介さんが疲れた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。